貯金できない男性の特徴。お金が貯まらない・貯められない人の共通点とその対策方法

貯金できない人の特徴。お金が貯まらない・貯められない人の共通点とその対策方法

景気も良いとは言えず、色々なものの物価上昇が懸念される昨今。

できることならば、ある程度の貯蓄をしておいて、いざという時に備えたいものですよね。

しかし、「貯金をしたくてもなかなかできない」という人も中には存在しています。

一体、どういったタイプの人に多いのでしょうか。

貯金できない人の特徴とは?

固定費が必要以上に多い

固定費とはたとえば家賃や光熱費、携帯電話の代金や保険料など、基本的には毎月同程度に払っているもので、変動の多い趣味などに使うお金ではなく、毎月確保しておかなければならない費用のことを言います。

「元々必要なもので削ることはできないのでは?」と思われるかもしれませんが、意外とそうではありません。

たとえば携帯電話ならば、契約の際に余計なオプションを勧められて付けて、そのままにしていたり、実は必要でないものも多いのです。

毎月の出費を把握していない

いわゆる浪費の多いタイプで、良く言えば支払いに寛容。

その時に欲しいと思ったものをそのまま買って、ある程度値段は気にするものの、「いくらだった」と細かくは覚えていないというタイプです。

家計簿などをつけていればその月に自分がどれくらい使ったのか、客観的に把握できますが、もちろんそうしたこともしていません。

そのため、何に、どの程度使っているのかよくわからず、貯金できる余裕もないといったことは少なくないのです。

出費を細かく気にしない

たとえば、ふらっと立ち寄ったコンビニで好きなものを好きに買って、後で無駄だったと思うようなものでも、その時の気分でついかごに入れてしまう。

ランチなどの外食も何円以内までとは特に決めず、その時の気分でおかずや飲み物を付け足したり、時によっては勢いで人に奢るなんてことも。

人付き合いにおいてあまりにセコすぎるのも良いことではありませんが、普段の出費を細かく気にしない人ほどお金が貯まりにくいとは言えるでしょう。

生活レベルを見直したことがない

普段、自分がどれくらいのレベルで生活をしているか、理解しているでしょうか。

たとえば、選ぶお店の種類や移動の手段、車を持っているならばそのグレードや、服を買いに行くお店など、人はそれぞれ自身の好みや収入の具合によってある程度のレベル分けがされます。

逆に言えば、そのレベルを少し見直すことで全体的な支出を減らすことも可能ですが、お金のなかなか貯まらない人というのは、そうした生活レベルを見直すという考えを持ったことがないという人も多くいます。

衝動買いをしてしまう

町を歩いている時に、店先で気に入ったものをついそのまま買ってしまう。

一目ぼれしたものを諦めることができず、迷わず買い物かごに入れてしまう。

そういった衝動買いを抑えられない人は、出費が多くなる傾向があり、もちろんお金も貯めることができません。

衝動買いをしてしまう人というのは、その時々の気持ちで行動してしまいがちということであり、総じて支出が大きくなってしまうのです。

クレジットカードの買い物が多い

近年では、店舗側もキャッシュレス化が進み、買い物のほとんどはクレジットカードで済ませるという人も少なくないでしょう。

その中でも特にチャージなどの必要がないクレジットカードで日常的に買い物をしている人は、知らず知らずのうちに出費が多くなってしまいます。

現金であればその場で財布の中のお金が減っていくことから、目に見えて出費を実感できますが、クレジットカードはその気になれば全く確認することなく、お金を使い続けることも可能です。

その結果、お金は貯まりません。

部屋が整理整頓されていない

関係のないことのように思えるかもしれませんが、部屋の散らかっている人も貯金ができない傾向にあります。

部屋の整理整頓とは、つまり日常の自分自身の生活を律するということであり、管理することです。

それができないということは支出と収入のバランスについてもあまり考えていない可能性が高く、全体に金銭に無頓着であることが考えられます。

こうしたタイプもやはり、貯金はあまり得意ではないでしょう。

貯金を増やすために今からできることは?

目的と目標をしっかりと定める

ここまで述べてきた貯金を苦手とする人の特徴からも見てくるように、一般に貯金がなかなかできない人は、お金に関して論理的な思考をしていない傾向にあります。

つまり、何のためにお金を使い、どれだけの金額を使う、といったことをあまり考えていないのです。

ならばお金を使うということを常に意識するようになれば、お金を貯める方向に自分を持っていきやすくなるとも言えます。

お金を貯めるための具体的な目的を持ち、そして金額も明確に意識するようになるだけで、徐々に行動も変わってくるでしょう。

貯金は余ったお金ではなく先にするよう心がける

貯金と聞くと、生活に必要なお金を使った上で、その余った分を貯めるといったイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし、そのように「使うことありき」で考えながら生活をしていると、案外とお金は残らないものです。

あればあるだけ使ってしまうのは人間の性分のようなものであり、そこを変えるのはなかなか難しいことです。

なので逆に貯金の方を先にしておいて、残ったお金でその月を過ごすことを考える。

そうした発想の転換によって、生活費を抑えることも出来るようになります。

固定費を見直してみる

家賃や光熱費、保険料や携帯の代金など、固定費は一見すると生活に必要不可欠なもののように思えるかもしれませんが、もしもなぜかお金が残らないと感じているならば、ここを見直してみるのも一つの方法です。

家賃などを見直すことはすぐには難しいかもしれませんが、電気やガスを日頃から無駄に使っていないか、見てもいないテレビをつけっぱなしにしていないか。

また保険や携帯なども、初めの契約時に勧められた内容のまま、見直しをせず自動的に契約更新をしているということも少なくありません。

生活の水準を見直してみる

たとえばお水やジュースを日常的に買っているような生活であれば、それを水道水やお茶などに変えてみることで、一日の出費を削減することができます。

他にも食事の際にお腹いっぱいになったり余らせることが普通になっているならば、一品少なめに注文すればダイエットにもなるし、食事代も減らせます。

そうした工夫だけでなく、日頃漫然としていた贅沢を少し抑えてみることで、全体の出費をかなり抑えることができるでしょう。

収入を増やす

支出を抑えることがなかなか難しいのであれば、収入の方を増やすという考え方もあります。

会社内でいきなり給料を上げてもらうことは難しいかもしれませんが、出世に意欲を燃やして勉強してみるのもいいですし、またアルバイトや副業をやってみるのもいいのではないでしょうか。

近年ではテレワークが普及していることもあり、在宅の隙間時間を使って収入を増やす方法もあります。

支出はそのままに、貯金額を増やすことも出来るかもしれません。

貯金ができないのまとめ

もしも収入が無いわけではないのにいつもお金に困っていたり、貯金が増えないといった悩みを持っている人は、一度、自分のお金の使い方を見直してみるといいかもしれません。

ちょっとした工夫でずっと生活が楽になるということもあるのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-お金についての豆知識

初回利用で換金率100%
スピードペイの公式