Appleギフトカードの現金化はバレない!その理由と対策、バレる原因の解説

目次

Appleギフトカードの換金が極めて発覚しにくい理由とは?

所有権の解釈

Appleギフトカードを換金しても、それが発覚する可能性は極めて低いとされる根拠として、所有権の解釈が挙げられます。

具体的には、Appleギフトカードの所有権は購入した時点で購入者に移るため、所有権を持つ購入者が売却しても問題はないという解釈です。

この解釈の立場をとって考えた場合、購入したギフトカードの換金も問題ないとされているので、構造的に換金が発覚しにくいとされています。

利用用途の追跡が困難

Appleギフトカードは、そのカード自体を購入したことは情報として確認することができますが、利用目的や使用用途までは追跡することができません。

つまり、第三者がAppleギフトカードの利用用途を確認することが事実上困難となっているため、換金が発覚する可能性は非常に低いとされています。

コードを確認できるのが購入者のみ

もう一つ、Appleギフトカードの換金が発覚しにくい理由として、Appleギフトカードの購入者コードは、第三者がほぼ知り得ないという点が挙げられます。

つまり、購入時に確認する購入者本人以外は知ることができない情報であり、本人が口外しない限り第三者に購入コードが漏れることはありません。

そのため、Appleギフトカードを換金したということも、自分から情報を漏らさない限り、第三者が見つけるのは難しいというのが特徴です。

明確に違法とはされていないものの、カード会社やAppleの規約違反に

ここまで解説したように、Appleギフトカードの換金は発覚しにくい構造にはなっているものの、注意しなければならない点はいくつか存在します。

特に、換金自体は明確に違法ではないとされているものの、カード会社やAppleの利用規約には違反する行為ですので、この点は理解しておかなければなりません。

利用規約に違反したことが発覚した場合、ペナルティを受けることにもなりますので、しっかりと注意点を把握しておきましょう。

Appleギフトカード買取がバレる原因として考えられる理由

高額のAppleギフトカードを一括購入してしまった

Appleギフトカードの換金が発覚したケースには、Appleギフトカードの購入額が目立ちやすい金額だったために、発覚してしまったという事例があります。

例えば、Appleギフトカードは最大で50万円分まで一括で購入することが可能です。

しかし、一般的な利用用途で購入する際に、上限一杯の50万円分を購入する人は珍しいと言えるでしょう。

そのため、このような高額購入を行っていると疑いの目を向けられやすく、発覚するリスクが高まってしまう傾向となっています。

使っていなかったカードを突然使い始めた

それまで一切使用していなかったカードで、頻繁にAppleギフトカードのみを繰り返し購入していると、換金が目的でカードを使い出したのではないかと疑われやすくなってしまいます。

つまり、唐突にカードを使い始めるのも、怪しまれるリスクを上げてしまう行為と言えるので注意が必要です。

購入頻度があまりに多く、繰り返し購入している

購入金額があまりに大きいと疑われるリスクが上がってしまいますが、それと同時に購入頻度に関しても注意が必要です。

こちらの場合でも、一般的なAppleギフトカードの購入頻度に対してあまりにも多い頻度で繰り返し購入していると、やはり不自然な購入動向であると疑われてしまうことでしょう。

そのため、Appleギフトカードの購入頻度は常識の範囲内に抑え、1か月に数枚程度としておくことで、疑われるリスクを減らすことが可能です。

自分から口外した

上の項目でも解説した通り、基本的にAppleギフトカードをどのように利用したのかは第三者に発覚することはありません。

しかし、自分から情報を漏らした場合、例えば換金したことを口外してしまった場合は、当然ながら発覚のリスクは上がってしまうことになります。

そのため、自分が口を滑らせたことが原因で発覚してしまうリスクがあることも、理解しておくようにしましょう。

Appleギフトカード買取、現金化がバレた場合はどうなるのか

2度、カード会社から確認の電話がある

Appleギフトカードを換金しているのではないかと疑われた場合、カード会社から2回電話がかかってくることが考えられます。

1度目の電話の場合は、基本的に事実関係の確認がメインで、即ペナルティとなるケースはほとんどありません。

そのため、オペレーターの質問に対して返答するというのが、基本的なやり取りとなります。

しかし、2回目の電話があった場合は、高確率で換金を行っているのではないかと疑われている状況です。

そのため、かなりの注意が必要なケースと言えるでしょう。

最悪の場合はカードの利用措置も

確認の電話の後に、換金行為が間違いないと判断されればペナルティを受けることになります。

ペナルティには最悪の場合、強制退会措置の処分が下されることもあり、この処分を受けてしまうとその後カードが利用できなくなってしまうので、換金にはこのようなリスクがある点を理解しておくようにしましょう。

Appleギフトカード買取がバレた場合にとるべき対処法は?

カード会社から1回目の電話があった場合は、換金目的ではなかったとしっかり伝える

先ほども解説した通り1度目の電話は、ペナルティではなく事実関係の簡単な確認である場合が多いです。

そのため、1回目の確認電話がかかってきた場合は、オペレーターに換金目的の購入ではなかったとしっかり伝えることが重要です。

この段階では、購入意図が換金目的ではなかったときちんと伝えられれば、疑いが晴れる傾向にあります。

2回目の電話がかかってきた場合はより詳しく答え、以後はカードの利用を控える

しかし、こちらも先ほど解説した通り、2回目の確認電話が来た段階では、既にかなりのレベルで換金が疑われている状況となっています。

そのため、2回目の確認電話があった場合は、以後カードの利用用途を一般的な目的の範囲内にとどめておくようにしましょう。

また、2回目の電話では、1回目よりもかなり具体的に購入目的や利用用途について説明を求められるので、ある程度の受け答えの準備をしておく必要があります。

Appleギフトカード買取がバレないようにするための対処法

高額購入を避けるため、1度に10万以上は購入しないようにする

発覚した理由の項目でも述べた通り、あまりに高額な金額でAppleギフトカードの購入を繰り返していると、購入履歴が目立ち、疑いの目を向けられやすくなります。

そのため、1度に10万以上の高額購入を避けるようにするのが無難です。

1回あたりの購入額を常識的な範囲での金額に抑えておくことで、不自然な購入動向だと疑われにくくなります。

日常的にクレジットカードを利用する

カードの購入履歴がAppleギフトカードのみで埋まっていると、換金目的で利用されているのではないかと疑われやすくなってしまいます。

そのため、Appleギフトカード以外でも日用品の購入などに使用し、日常的にカードを利用しておくことが有効です。

こうすることで、同じものばかり購入している不自然な購入履歴にならず、疑いの目を向けられるリスクを減らすことが可能になります。

購入頻度は常識の範囲内で

購入金額と同様に、あまりに高頻度でAppleギフトカードを繰り返し購入していると、不自然な動向として疑われやすくなってしまうのは解説した通りです。

そのため、Appleギフトカードの購入頻度も常識の範囲内に抑え、あまり高頻度で購入を繰り返さないようにする必要があります。

具体的には、1か月に2枚から3枚程度の購入量にとどめておくようにしましょう。

透明性の高い、信頼できるサイトや業者を利用する

こちらも重要なポイントですが、換金サイトで換金する場合は、信頼性の高い安全な優良店で換金するようにしましょう。

個人情報の扱いが杜撰なサイトや悪質な詐欺サイトで換金してしまうと、何がきっかけで利用情報が流出してしまうかわかりません。

そのため、『古物商許可証』や会社概要が実在のものと確認できる、透明性の高いサイトを選ぶようにするのが重要なポイントです。

Appleギフトカード買取はバレる可能性は低いものの、リスクはしっかりと確認を

以上のように、Appleギフトカードはその仕組み上、換金が発覚しにくい特徴を持っています。

しかし、当然ながら換金が発覚することによるリスクもありますので、対処法も含めリスク管理をしっかりと考えておきましょう。

この記事を書いた人

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。おすすめの現金化業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

目次