お金を借りられない人必見の現金を用意、工面する方法

お金を借りられない人必見の現金を用意、工面する方法

どうしても現金が必要なとき、お金が借りられないと困りますよね。

「でも、銀行から借りられない…」となると、他の方法で何とか工面する必要がありますよね。

ここではお金を作る方法を紹介していくので、ピンチの時に役立てるよにしましょう。

お金が借りられない人でも現金を用意する方法

クレジットカードを現金化する

クレカ現金化は、自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を使う方法です。

クレカ現金化業者はたくさんあるので、申し込みをして利用していきましょう。

即日で現金を入金してもらうこともできますし、もちろん違法でもありません。

自分名義のクレカさえあれば利用することができるのもメリット。

収入は関係ないので審査もありませんし、無職や学生などでも利用することができます。

ネット完結するので来店などをする必要もありません。

クレジットカード現金化優良店のおすすめ比較ランキング2022

クレジットカード現金化優良店のおすすめ比較ランキング2022

続きを見る

後払いのキャッシュレス決済で現金化する

基本的に、後払いの機能がある支払いサービスは現金化に使うことができます。

例えば、Paypayやメルペイなどが有名ですね。

現金化するときは、後払いでチャージして商品を購入していきましょう。

ただし、多くのキャッシュレス決済ではギフト券などを購入することができません。

ギフト券は換金率も良いので現金化に使いやすいですが、キャッシュレス決済では購入できないことが多いので別の商品を探しましょう。

ゲーム機や電化製品、ブランド品などを購入し、買取ってもらうことで現金化することができます。

後払い ツケ払い 現金化 即日

【後払い(ツケ払い)で即日現金化】審査なし・在籍確認なしでおすすめの方法や業者ランキング

続きを見る

バーチャルカードを使って現金を手に入れる

バーチャルカードとは、決済に使うことができる仮想のカードです。

クレジットカードのように後払いできる種類もあるので現金化に使うことができます。

まずはバーチャルカードを作り、後払いでカードにチャージをするようにしましょう。

そして現金化しやすい商品を購入していきます。

後はその商品を買取業者などに買い取ってもらい、現金を受け取ればOK。

バーチャルカードはクレカではありませんが、クレカと同じ要領で現金化することができます。

こちらはクレカが作れない人におすすめの方法です。

大手ではなく「中小消費者金融」を利用する

大手の消費者金融は審査が厳しいため、お金を借りようと思っても審査落ちしてしまうことがあります。

そんなときは大手ではなく、中小消費者金融を利用するようにしましょう。

大手ほど審査が厳しくありませんし、ブラックリストに入っていても審査が通ることもあります。

即日で現金を受け取れることもありますし、無利息期間も設定されているので数社を比較して検討してみましょう。

保険を利用してお金を借りる

保険は種類も多いですし、目的によって様々なタイプがあります。

たくさんある保険を大きく分けると、積み立てと掛け捨ての2つのタイプに分かれますよ。

積み立てタイプはお金を積み立てて掛けていくものなので、担保としてお金を借りることができます。

これを「契約者貸付制度」と言いますが、まずは自分が入っている保険が対象になっているかどうか確認しておきましょう。

生命保険や学資保険、帆人年金保険などがあり、解約返戻金があれば担保にして借りることができます。

会社の制度を利用してお金を借りる

会社には様々な決まりがあり、何かあったときの福利厚生も用意されています。

前借りができることもありますし、従業員がお金に困ったときにお金を貸してくれる制度があることも。

会社によって違うので、勤めている会社がどうか確認しておきましょう。

一般的には「従業員貸付金制度」という名前なので、調べても分からなければ総務の人などに聞くようにして下さい。

従業員への貸付なので、金利なども優遇されていることが多いです。

商品を担保にして質屋で借りる

質屋は、持ち込んだ商品を買い取ってくれるお店です。

しかし商品をただ買取るだけではなく、商品を担保にしてお金を借りることもできます。

まずは金銭的価値があるものをお店に持ち込み、金額の査定をしてもらいましょう。

商品を担保にするので、審査などがないという特徴があります。

ブラックリストに入っていても利用することができるので、担保にする物があるか探してみましょう。

国や自治体の声援制度を利用してお金を借りる

限定的な人だけが利用できる「生活福祉資金貸付制度」

収入が少ない人が対象になっている制度です。

市役所から借りることができるので安心感もありますが、審査が厳しいので全員が借りられるわけではありません。

条件は65歳以上で収入が少なく、手帳を持っていることです。

手帳とは、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳が対象。

審査が厳しい上に審査に時間がかかってしまうので早めに申し込みましょう。

条件を全て満たしていれば誰でも通るわけではないので注意しておいて下さい。

上限は20万円まで「緊急小口資金」

コロナ禍によって収入が減った人がお金を借りられる制度です。

コロナとは関係ない場合は利用できませんし、いくつか条件もあるので理解しておきましょう。

まず、金額の上限は20万円までです。

あくまで上限なので誰でも20万円借りられるわけではありません。

利子なく借りることができ、償還期限は2年間となっています。

ただし、収入の少ない人が対象ですし、世帯収入が多いと借りることができません。

職業訓練を受ける人が対象の「求職者支援資金融資制度」

職業訓練とは、就職を目的とした支援制度です。

訓練を受けている間は職業訓練受講給付金を受け取ることができます。

更に、給付金を受けるだけではなく、お金を借りられることもあります。

給付金を受け取りが決まっていてハローワークにて「求職者支援資金融資要件確認書」を受け取っていれば借りることができますよ。

借りられる金額は世帯や家族構成によっても違いますが、金利は3%と条件が良いです。

母子家庭や父子家庭が対象の「母子父子寡婦福祉資金貸付金」

ひとり親を支援するための制度です。

ひとり親だと経済的に困ってしまうことが多いので、救済する目的のものですね。

生活の資金や就学の資金、転居資金など、対象の目的が多いので申請もしやすいです。

子供が20歳以下であることが条件ですが、状況によっては借りることができない場合も。

既に融資を受けていたり、生活保護を受けていたりすると対象にはならないので注意しましょう。

年金を担保にして利用する「年金担保貸付制度」

一定年齢になると年金を受け取ることができますが、その年金を担保にしてお金を借りる制度です。

年金を担保にするため、年金を受け取る権利がない人は利用することができません。

受け取る予定の年金額、借りたお金を何に使うのかで借りられる金額が変わってきます。

また、連帯保証人が必要になってくるので、誰かお願いできる人がいることも条件ですよ。

保証人になってくれる人がいない場合は、信用保証期間を利用しましょう。

親族、友人、知人にお願いする

親族や友人など、頼りになる人がいるのであればお金を借りることもできます。

しかし必ず貸してくれるという保証はありませんし、トラブルに発展することもあるので注意しておきましょう。

お願いする相手をしっかり選び、借用書を用意しておくことが重要です。

いくら少ない金額でもお金はトラブルの元なので、しっかり証拠を残すようにします。

何度もお願いすると断られてしまうことが多いですし、相手の負担にならない金額でお願いするようにしましょう。

お金を借りられない人でも自分で現金を作る方法

必要のない物を売却する

中古品や未使用品など、不要なものを買い取ってくれるお店はたくさんあります。

ファッション用品、家具、電化製品など、お店ごとに様々な物を買い取ってくれるので利用しましょう。

元値が高い物の方が高く売れることが多いので、貴金属やブランド品などもおすすめ。

同じ物でもお店によって買取額が違うので、少しでも高く売りたいなら比較して手放すようにしましょう。

バイトをして堅実に稼ぐ

長期のバイトであれば面接なども必要ですが、短期や日雇いバイトであれば手続きが簡単なことも多いです。

面接などは一切なしで登録すれば良いだけのこともありますから、短期バイトや日雇いで稼ぐようにしましょう。

日雇いのバイトは給料が高いことも多いですし、空いている時間を利用することができて便利です。

様々な仕事があるので、しっかりと確認をして自分に合いそうなものを探しましょう。

自宅でスキルを使って稼ぐ

外に働きにいけない人もいますが、そんな人はスキルを使って自宅で稼ぎましょう。

例えば、イラスト制作、ハンドメイド制作、ライティングなどが有名。

物を作る場合はフリマサイトなどで販売することもできますし、サイトに登録して自分で仕事を探すこともできます。

何か得意なことはあるか、どんなことに興味があるのか考えて選ぶようにしましょう。

すぐに稼げるという保証はありませんが、ある程度軌道にのってくると定期収入が入ってくるようになります。

お金が借りられなくても手を出してはいけないお金の入手方法

素性の分からない人からお金を借りる

SNSなどで、お金を借りたい人を募集していることもあります。

しかしよく分からない人からお金を借りるのは止めておきましょう。

ネット上で知り合った人にお金を借りるとトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

闇金へ誘導される、弱みを握られて脅される、詐欺にあってお金を騙し取られるなど。

そもそもネットでお金を貸す人を募集しているという時点で怪しいので、極力関わらないようにしておきましょう。

闇金やソフト闇金

どうしてもお金が必要で闇金に手を出すこともありますが、闇金から借りたら最後だと考えておきましょう。

利息が高すぎますし、いくら返済しても終わりがありません。

たった数万円だった借金が、気づけば何倍、何十倍となっていきます。

後で後悔をしても遅いですし、借金の取り立てに苦労することになるので止めておきましょう。

「ソフト闇金」は闇金よりも利子が少ないですが、それでも闇金であることには変わりません。

給与ファクタリング

給与ファクタリングとは、業者から先にお金を受け取り、給与が入ってきたタイミングで返済することです。

分かりやすく言うと、給与を担保にした貸付のようなもの。

一見まともなサービスのように感じますが、金利が高いですし、闇金が関わっていることが多いです。

無事に返済が終わっても闇金に個人情報を知られてしまい、利用するように勧誘されることもあります。

個人で利用できる業者も多いですが、巧みな言葉に騙されないようにしましょう。

闇バイト

ネット上などで募集している闇バイトは時給が良いので、お金に困っている人が応募をしてしまうことがあります。

しかし闇というだけあってまともな仕事内容ではないので注意しておきましょう。

気づかない内に犯罪に関わってしまうこともありますから、よく分からないバイトをするのは危険です。

不思議なくらいに時給が高い、すぐに雇ってくれる、SNSでしか連絡が取れないなどは怪しいので止めておきましょう。

どうにもならない時は「債務整理」も考える

債務整理とは、自分の借金を減らしたりしてお金をやりくりする方法です。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあり、それぞれ内容が違います。

どの方法が一番良いのかはなかなか自分で判断することはできません。

弁護士などに相談することになるので、無料相談を行っている事務所を探してまずは話を聞いてもらいましょう。

上手くいけば借金が減ることもありますし、債権者との間に入って話をしてくれるなどのサポートもあります。

クレジットカード現金化をした後に債務整理(任意整理、個人再生)ってできるの?

続きを見る

お金を借りられない最終手段は「生活保護」申請

お金を借りたり日雇いバイトをしたりと、何をしてもどうにもならない場合は生活保護を受けるという手もあります。

家や車を手放す、働くことができない事情があるなど条件もありますが、全てをクリアすると生活保護を受けることができます。

もちろん審査がありますし、生活に満足できる十分な金額を受け取れるとは限りません。

努力してもどうしようもなく、働くことができないという時は申請をしてみましょう。

お金を借りられない場合のまとめ

お金を借りる方法はいくつもありますし、国や自治体が支援している制度もあります。

借りられなくてもお金を作ることもできますから、安易に危ない話には乗らないことが大事。

危険なお金の入手方法は避け、安全な方法でお金を手に入れるようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-クレジットカード現金化の豆知識