切手を現金化、換金する方法を紹介。高価買取は可能?相場や手数料はどのくらい?

切手 現金化 換金

お金を作る方法はいくらでもありますが、今回は切手を現金化する方法について紹介します。

切手の現金化は、上手に活用すれば簡単に手元に現金を用意することができます。

切手を現金化するにはどんな方法がある?

切手を現金化するにはどんな方法がある?

そもそも切手を現金化する方法にはどんな手法があるのでしょうか。

手元にある切手を現金に変える方法について解説していきましょう。

買取サービスを利用する

切手を現金化するにあたり、最もオーソドックスな方法は、切手を買い取ってくれるリサイクルショップなどの買取サービスを利用することです。

今はインターネットを使って検索すれば良い条件で切手の買取を行ってくれる業者を探す事は簡単ですし、もしかしたら自宅や会社の近くに行っての買取に特化したリサイクルショップがあるかもしれません。

こういった業者を利用して切手の買取を行ってもらえば、比較的高い換金率で、手元にある切手を現金に変えることができるでしょう。

なお切手を現金化するときは郵便局で交換すると手数料がかかりますが、買取サービスを利用すれば手数料をかけることなく現金に変換することができます。

買取業者によっては自宅に来て無料で査定をしてくれるところもありますから、気軽に申し込んでみると良いでしょう。

郵便局で他商品と交換する

郵便局に持っていけば、切手以外の商品と交換してもらうことができます。

郵便局で切手の交換対象となる商品は、額面が異なる切手の他に郵便はがき、簡易書簡、レターパック封筒などがあります。

もしあなたが手紙などを出したいと考えているのであれば、使わない切手を簡易書簡やレターパックに変更してもらうことで、有効活用ができるでしょう。

とにかくネットオークションに出品してみる

郵便局で他の商品と切手を交換してもらっても、あまりメリットは大きくないと言えるかもしれません。

もし切手を現金に変えたいと思うのであれば、ネットオークションを積極的に利用することをお勧めします。

切手にはいろいろな図柄があり、コレクターによっては高値で買取を考えている人も少なくありません。

インターネットオークションであれば全世界の人を対象にオークションを開催することができます。

そのため自分にとってあまり価値がわからないような商品でも、コレクターにとっては高いお金を払っても手に入れたいと思っている可能性があります。

上手にネットオークションを利用すれば、切手の額面の価格よりも数倍から数十倍高い値段で売却することも不可能ではありません。

もし手元にある切手が、「これってもしかしたら高い値段で売れるんじゃないだろうか?」と思うのであれば、ダメ元でもインターネットオークションに出してみることをおすすめします。

マニアにとっては垂涎の的かもしれません。

ネットオークションに商品を出すためにはそれほどの費用も手間もかかりませんから、とにかくいちどネットオークションを利用してみると良いでしょう。

高値で現金化されやすい切手の特徴ってどんなの?

高値で現金化されやすい切手の特徴ってどんなの?

切手のコレクターといわれる人でなければ、どんな切手が高値で現金化されやすいのか、その特徴は分からないはずです。

そこで、ここからは高値で現金化してもらうことができる切手の特徴について紹介していきます。

もしあなたの手元にある切手が、ここで紹介する条件を満たすのであれば、期待を持てますね。

使用頻度が高い額面の切手

当然のことですが、使い勝手の悪い額面の切手よりも使い勝手の良い額面の切手の方が、高い値段がつきます。

やはり利用できるシチュエーションが限定されてしまうより、いつでも気軽に利用できる額面、つまり自由度が高い商品の方がニーズがあるのはどの商品でも常識ですね。

大量の切手が一同に揃っている

切手が1枚単位ではなく、大量に揃っている場合でも高値で買取してもらいやすくなります。

販売する側としても1枚単位で売るより、ある程度まとまった単位の方が売りやすいからです。

高値で買取してもらいたい切手を選ぶなら、売却する立場になって考えてみることはとても大切なことなのです。

シート状態で保存されている

切手は1枚1枚腹の状態ではなく、シートの状態になっている方が高値で買い取りしてもらいやすくなります。

もし切手を利用した現金化を検討しているのであれば、絶対にシートで購入することをお勧めします。

保存状態が美しい

当然のことながら、保存状態が悪い切手よりもきれいに保存されている商品の方が高値で買い取りしてもらいやすくなります。

もしあなたが購入する立場だったらどうでしょうか?

ボロボロで黄ばんだ切手とピカピカで新品のような切手、同じ柄の切手ならどちらに代金を支払おうと思うでしょうか?

切手のコレクターは切手の状態にもこだわっていますから、新品のようにピカピカの方がニーズが高いのです。

手元にある切手の状態を変更することはできませんが、もし売却することを念頭に入れて切手を購入したのであれば、保存状態には注意しておくのが吉でしょう。

プレミア切手

額面以上の価値を持っている切手のことを「プレミアム切手」と呼んでいます。

「プレミアム切手」とは呼ばれてはいますが、その数や種類はかなり多いです。

「プレミアム切手ですね」と言われて期待していたら、思ったより買取金額が少なくてがっかりした経験を持つ人もいらっしゃることでしょう。

ただしプレミアム切手の中にもびっくりするぐらいの高値で取引されているものがあります。

その代表格として1948年に発行された「見返り美人」の切手です。

この切手のデザイン非常に美しく今でも高い相場で売買されています。

記念切手

オリンピックや天皇家の行事など、大きな国のイベントが開催されたときに発行されるのは記念切手です。

日本で一番最初に発行された記念切手は、明治天皇の銀婚を記念して発行された「明治天皇銀婚記念切手」です。

このほかにも東京オリンピックを記念して発行された「東京オリンピック記念切手」、長野オリンピックを記念して発行された「長野オリンピック記念切手」は、とても人気があります。

もうすぐ東京オリンピックが開催されますが、このオリンピックを記念して発行されるかもしれない「東京オリンピック記念切手」は、将来高値で売買されるかもしれません。

特殊切手

特殊切手とは、とあるテーマに沿って図柄が決まり、シリーズ化されているものです。

また、国家的なイベントを記念して、1回限りに発行される記念切手も特殊切手に分類されています。

宮島、天野橋立、松島といった日本三景が描かれた1960年代に発行された特殊切手は高値で売買されていますし、夏目漱石や樋口一葉、野口英世などお札に印刷されているような著名な文化人をモチーフにした文化人切手もプレミアムな価格が付けられています。

普通切手

切手には「普通切手」と呼ばれる、販売期間や枚数に制限がなく、郵便料金に対応した額面が発行される普通の切手があります。

この普通切手は特殊切手と呼ばれる切手と比べて扱いが低く、あまり高値で売買されることはありません。

ただし、普通切手でも全く価値がないかといえばそのような事はありません。

例えば、現在では未使用品で入手が極めて困難な場合、記念切手よりも高く買取をしてくれるケースも珍しくないのです。

特に明治時代から大正時代の切手は、残っている枚数が非常に少ないためプレミア品として扱われています。

このほかにも、普通切手でありながら印刷版の消耗やミスによって偶発的に生まれてしまった「エラー切手」も希少性があることがわかっています。

切手を買い取ってもらおう

切手を買い取ってもらおう

もしあなたの手元に切手がある場合、自分にとっては価値がないと思っていても、一度、売却を検討してみることをおすすめします。

また切手を利用した現金化を考えているのであれば、使用頻度が高い額面の切手をシート状態で購入し大量に揃えておくことが大切です。

もちろん保存状態が良い方が事は言うまでもありませんね。

また手元に特殊切手や記念切手、プレミア切手と思われる切手があるなら、積極的に鑑定してもらう、もしくはインターネットオークションに出してみましょう。

自分が思っている以上の高値で売れることも珍しくありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まどか@レッツ現金化

まどか@レッツ現金化

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。現金化優良店業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

おすすめ記事

-現金化の豆知識