LINEPay残高を出金、現金化したい!その方法や手数料、注意点についてはどうなの?

LINEPay 現金化 出金

お財布なしでスマートフォン1つでの買い物を実現してくれる、便利な決済サービス「LINEPay」。

簡単な手続きで使い始めることができるので便利ですよね。

さらに、LINEPayはお買い物に役立つだけでなく、LINEPay残高が残っている時に出金して現金に換えられる出金機能も備わっています。

ついお金をチャージし過ぎて、LINEPay残高が余ってしまったけど使用する機会がない…、と悩んでいる人におすすめの機能です。

LINEPayの出金機能を利用する際には、いくつか気を付けてほしいルールや注意点があります。

これからLINEPayの出金機能を利用して現金化しようと考えている人は、この記事を読んでLINEPayのルールや注意点を頭に入れておきましょう。

【公式】LINE Pay – スマホのおサイフサービスLINE Pay

LINEPay残高を出金して現金化する手順を解説

LINEPay残高を出金して現金化する手順を解説

LINEPay残高を出金する際には、出金先として銀行口座あるいはセブン銀行ATMの2つのうちいずれかを選択する必要があります。

どちらの出金方法を選んだ場合でも、それぞれの出金方法ごとに1日の出金限度額や利用できる日程などルールが定められているのです。

利用者の状況によっては、どちらか片方の出金方法でないと利用できない場合があります。

2つの出金先の特徴や違いをチェックして、自分に合ったLINEPay残高の出金先を選定しましょう。

ここからは2種類の出金先の特徴と、LINEPay残高を現金化する手順を解説していきます。

LINEPay残高の出金先に銀行口座を選んだ場合

LINEPay残高の出金先を銀行口座にした場合は、まずはLINEPayのトップページから「設定」の項目を開いて、「出金」をタップし、出金先に指定したい銀行口座を選んでください。

LINEPay残高の出金先となる銀行口座を指定し終えたら、希望する出金額を入力して「出金」をタップし、パスワードを入力したらLINEPay残高の出金手順は完了です。

出金手続きが完了すると、LINEウォレットアカウントより確認メッセージが届きます。

現金そのものを即日で調達したい場合は、銀行口座への入金を確認後、口座から引き出して利用してください。

手続き完了後、すぐに現金を調達したいと考えている人は、次に紹介するセブン銀行ATMでのLINEPay残高出金方法がおすすめです。

LINEPay残高の出金先にセブン銀行ATMを選んだ場合

LINEPay残高の出金先をセブン銀行ATMにした場合は、LINEPayのトップページから「設定」の項目を開いて「出金」を選択するまでは銀行口座を指定した時と変わりません。

出金メニューを開いたら、出金先でセブン銀行を選んで「出金」をタップ。

すると自動的にコードリーダーが起動します。

続いてセブン銀行ATMの画面で「スマートフォン出金・入金」の項目を開いて、表示されたQRコードをスマートフォンで読み取りましょう。

QRコードが読み取れたら、LINEPayのパスワードの入力が求められます。

最後にスマートフォン側の画面に企業番号とワンタイムパスワードが表示されるので、それらをATM画面に入力後希望する出金額を入力したら終了です。

ここまでのすべての手続きを終えると、セブン銀行ATMから現金が出てきます。

自分の銀行口座から出金する時と同じように引き出せるので、すぐに現金そのものの入手が可能です。

またLINEPayカードを所有している人は、セブン銀行ATMにLINEPayカードを挿入して出金することもできます。

この場合カードを挿入後「出金」をタッチし、LINEPayカードの暗証番号を入力するだけなので、よりスピーディーに出金が完了します。

頻繁にセブン銀行ATMでLINEPay残高を出金する方は、LINEPayカードを作成しておくとより便利になるでしょう。

LINEPay残高を出金して現金化する時はここに気を付けて!

LINEPay残高を出金して現金化する時はここに気を付けて!

ここではLINEPay残高を出金して現金化する時に気を付けてほしいポイントについて紹介します。

せっかく残っているLINEPay残高を損することなく使えるよう、事前に注意点を押さえておきましょう。

LINEPay残高の出金には手数料が発生する

LINEPayで残高の出金機能を利用する際には、毎回220円の手数料が発生します。

出金時の手数料の金額は、出金先の選択に関係なく一律1回220円です。

キャンペーンなどで入手したLINEPayボーナスを出金手数料に利用することもできません。

LINEPay残高の出金額が変わっても発生する手数料は220円のまま変わらないので、LINEPay残高の現金化はある程度まとめて行うのがおすすめです。

同じ1万円分の現金化でも、1回でまとめて出金するのとこまめに2,500円ずつ出金するのでは発生する手数料の合計金額が変わります。

ただLINEPayに限らず、さまざまなサービスを利用して現金化を行う際にはほとんどの場合手数料が発生してしまいます。

専門業者に仲介してもらってクレジットカードのショッピング枠を現金化するクレジットカード現金化の場合、申込金額によって手数料が変動してしまうこともあるのです。

LINEPay残高の手数料は申込金額に関係なく一律1回220円なので、手数料を気にして申込金額に悩む必要がありません。

手数料が発生すると聞くとネガティブなイメージを受けてしまう人もいるでしょうが、たったの220円しか手数料が発生しないと考えるとLINEPay残高の出金機能が魅力的に見えてくるのではないでしょうか。

出金できる時間が決まっている

LINEPay残高の出金先に銀行口座を選択した場合、出金できるのは銀行の営業時間内に限定されてしまいます。

特に平日9時から15時までしか営業していないような銀行の口座を出金先に選んでしまうと、土日祝日にはLINEPay残高を引き出せなくなってしまうので気を付けましょう。

一方、セブン銀行ATMの場合は、曜日関係なく24時間LINEPay残高の出金が可能です。

セブン銀行ATMなら土日祝日でも問題なくLINEPay残高を現金化できるので、出金できる時間が気になる人はセブン銀行ATMを出金先に選ぶことをおすすめします。

もしもセブン銀行ATMが近くにないけどLINEPay残高を現金化したい…という場合には、銀行の営業時間内にLINEPay残高の現金化手続きを行うようにスケジュールを調整しておく必要があります。

また、楽天銀行やゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行などのように、365日24時間いつでも営業している銀行口座もあります。

営業時間を気にすることなくLINEPay残高を現金化したい人は、365日24時間営業している銀行の口座をLINEPay残高の出金先に指定するようにしましょう。

上限金額が決まっている

LINEPay残高で出金する際には、出金先によって出金できる上限金額が決まっている点に注意してください。

  • 銀行口座で出金:上限10万円/日
  • セブン銀行ATMで出金:上限1万円/日

また、セブン銀行ATMは1,000円以上からでない出金できません。

出金上限金額だけで比較すると、銀行口座の方が高額の出金を希望する人に向いています。

しかしどちらの出金先を選んだ場合でも、10万円以上の金額を1日で出金することはできないのです。

LINEPay残高が余ってる人は現金化してみましょう

LINEPay残高が余ってる人は現金化してみましょう

LINEPay残高の出金手順は簡単な作業しかないため、一度経験したらすぐに出金手順を覚えられる人が多いでしょう。

出金時に発生する手数料もわずか220円なので、大きな損をすることはありません。

ただし出金手続きを申し込むごとに一律220円の手数料が発生してしまうので、出金は回数を分けずにある程度まとめておこなうように注意しましょう。

LINEPay残高の出金は、LINEPayにチャージしたけどなかなか使うことがなくて困っている人におすすめな現金の調達方法です。

LINEPay残高が残っているけどLINEPayを使用する機会がない…という方は、ぜひ銀行口座やセブン銀行ATMでLINEPay残高を出金して現金化してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まどか@レッツ現金化

まどか@レッツ現金化

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。現金化優良店業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

おすすめ記事

-現金化の豆知識