クレジットカード現金化はどういったときに失敗する?損をしないための対策と業者の選び方

更新日:

クレジットカード現金化 失敗

クレジットカード現金化は、自分名義のクレジットカードと身分証明書があれば簡単にできます。

…とはいえ、失敗してしまうこともあります。

ここでは、クレジットカード現金化の失敗例を具体的に確認していきます。

これと同時に、それぞれに対する対策や確認ポイント・業者選びと、安心安全に利用するための環境づくりもご紹介します。

クレジットカード現金化の失敗例から学ぶ対策方法

クレジットカード現金化の失敗例から学ぶ対策方法

失敗例①実際の入金額が想像よりも低くなってしまった

クレジットカード現金化は、業者を介して行う場合には各現金化業者が定める「換金率(還元率)」に則って口座に振り込まれます。

利用者側はこれを確認して申し込むことがほとんどではありますが、中には「想像よりも入金額が低かった」というケースがあるのです。

換金率を確認したにもかかわらず、入金金額から割り出してみると、提示パーセンテージよりも低い額だったという方もいます。

【対策】

換金率を意識することはとても大切です。

しかし、そればかりではなく申し込み前に必ず「振込金額」を確認するようにしてください。

振込金額の計算式は以下の通りです。

(カード決済金額)×(換金率)-手数料

手数料は業者によって違うので、問い合わせて確認しましょう。

また、自分で計算するのではなく、実際に業者スタッフに最終入金額を聞くようにすると確実です。

失敗例②キャンセルしたら手数料をとられてしまった

換金率に満足できなかった・他現金化業者の方が良いサービスだった、などの理由でキャンセルをしたら、手数料の支払いを求められるというケースです。

【対策】

多くのクレジットカード現金化業者では「キャンセル料金の発生はない」です。

カード決済前であればキャンセルは原則自由ですから、手数料を取られることはありません。

もし、キャンセル料金の請求があったら「拒否」するのが1番の対策であり、トラブル回避方法です。

失敗例③振り込みがなされない

申し込み手続き、本人確認、カード決済も完了したのに現金が振り込まれないというケース。

現金がすぐ必要なのに、「入金が無い」、「支払期日に間に合わなかった」という方もいるのです。

【対策】

今の現金化業者は即日で振り込みしてくれるところが増えています。

早ければ、決済確認後から10分前後で振り込んでくれることもあるのです。

しかし、中には即日ではない業者・プラン選択で即日を選ぶシステムになっている業者も存在しています。

まずは、自分がどのようなプランを利用をしたか確認してみてください。

また、商品買取方式を採用している業者・多額の利用(100万円以上)ともなると即日対応が不可となることも少なくありません。

それ以外であれば、一度、現金化業者に問い合わせを行ってください。

対応してくれなかったり、業者そのものが消えてしまったのであれば、それは詐欺と言わざるを得ません。

国民生活センターなどに相談をすることをオススメします。

失敗例④カードが使えない状態になっていた

クレジットカードを利用しようと思ったら、カードそのものが使えないと業者に言われてしまうケースです。

当然ながら、カードが使えない状態だと現金化もできません。

【対策】

ショッピング枠を利用した現金化であれば、その枠に空きがあるかをチェックしてみましょう。

枠が空いていない場合には現金化ができません。

なお、確認方法はカード裏面に書かれている電話番号に問い合わせを行うとすぐにわかります。

空いていないようであれば、別のクレジットカードを準備してください。

また、カード会社に支払うべき金額を滞納していると一時利用停止となっている可能性もあります。

事前に通達が来ているかと思いますので、今一度確認してみてください。

失敗例⑤手続きを進めたハズなのに契約破棄になってしまった

クレジットカード現金化の手続きや決済をしっかり行ったにもかかわらず「契約破棄」と業者から伝えられてしまうケースです。

【対策】

現金化業者は以下の2つの方式があります。

キャッシュバック方式 買取方式
自宅に届いた商品を受け取る。 自宅に届いた商品を業者に送る。

いずれの方式にかかわらず、受け渡しを行わないと現金化業者から契約破棄になってしまうのです。

破棄になれば、入金された現金を返還するよう求められます。

これを踏まえた対策方法はやはり「現金化の流れについてしっかりと把握、確認する」ことです。

失敗経験者の多くが、契約を注視していないことが多いです。

公式サイトでの説明はもちろん、申し込み後に業者スタッフから電話がかかってきますから、その時の説明もしっかり聞くように心がけてください。

失敗例⑥現金化後の支払いが追い付かなくなってしまう

現金化業者が指定する商品をカード決済で購入し、それが確認すると入金をしてくれます。

その後は利用カード会社に支払いをするのですが、この支払いが追い付かなくなってしまうという失敗例です。

【対策】

利用前に必ず返済プランを立てておきましょう。

自身の収支に見合ったプランが大切です。

この時「ギリギリ支払える」のではなく「少し余裕を持って返済できる方法」を考えてください。

考えたにも関わらず、支払いが追い付かなくなってしまった場合には、カード会社に連絡を入れて「支払い方法の変更」を申し出てください。

滞納してしまうと利用停止や一括返済請求をされる恐れがありますので、早い段階での申し出がオススメです。

クレジットカード現金化 利用停止

クレジットカード現金化でカード利用停止に?その理由や疑われない最低ラインとは

続きを見る

失敗を避けて満足利用をするために確認しておきたいクレジットカード現金化のポイントとは?

失敗を避けて満足利用をするために確認しておきたいクレジットカード現金化のポイントとは?

計画性を持って利用をする

計画性を持つことはどんなに急いでいても重要なことです。

実際の入金金額はもちろんですが、完済までの返済プランをしっかり立てておくようにしてください。

自己管理が得意ではない・初めてのクレジットカード現金化で分からない点が多いという場合は、事前に現金化業者に相談をすると良いでしょう。

シミュレーションやコンシェルジュサービスがある業者もありますから、これらを積極的に取り入れると安心です。

換金率と入金額の確認を行う

換金率の確認は必ず行っておきたいポイントです。

現金化業者の公式サイトに記述がされているのでチェックしておきましょう。

金額やプランに応じたパーセンテージが表記されていますが、これらは「最大値」の場合があります。

つまり、表記されている換金率以下になる可能性もあるのです。

ですから、確実な換金率を知るためにも現金化業者に直接問い合わせする方が安心安全です。

また、これと同時に、入金額も必ず把握しておきましょう。

自ら計算するのも良いですし、換金率把握のために問い合わせしたついでに聞いておくと安心です。

優良な現金化業者を選ぶ

サービスやシステム・プランの違いはありますが、優良な現金化業者が増えているとも言われています。

しかし、中には悪質な業者も存在しています。

特に初めて現金化を行う方は慎重に選んでください。

  • 所在地や代表者指名が明記されているか
  • システムや換金率について明確な提示を行っているか
  • 古物営業法に則った運営をしているか

これらは公式サイトだけでもチェックできるポイントですので、必ず確認してください。

分からない点が無いようにする

小さな疑問や不安点があっても、「面倒」に感じて、そのままにしてしまう方もいます。

しかし、これが失敗やトラブルに繋がる原因になってしまいます。

どんなことでも分からないことがあれば、必ず理解・納得しておくことが大切です。

公式サイトを確認したり、スタッフから説明を受けるようにしてください。

もし、これでも疑問点や不安点が残るのであれば、別の現金化業者に相談をしてみるのも一つの手です。

様々な業者のシステムサービスをチェックする

現金化業者といっても、数多くの業者が存在しています。

パッと目に入ったところへ申し込みを行うのではなく、いくつかの現金化業者のシステムやサービスを見て、比較することが失敗を防ぐポイントです。

これは、満足な現金化利用のためにも大切な事といえます。

公式サイトや情報まとめサイト、さらには口コミなどさまざまな視点からチェックするのも良い方法です。

安心利用を目指すために実践したい優良クレジットカード現金化業者の見分けるポイント

安心利用を目指すために実践したい優良クレジットカード現金化業者の見分けるポイント

運営実績が長いこと

優良なクレジットカード現金化業者を選ぶ際、運営実績は大きな判断ポイントです。

運営年数が長いほど、詐欺や悪質な行為をおこなう業者ではないといえるでしょう。

公式サイトを確認すると「創業〇年」と書かれていることもあります。

もちろん、これが真実である場合も多いのですが、根拠のある実績年数を確認してください。

確認方法は、サイトの設立年月日です。

3年以上の運営実績があれば信頼度は高くなります。

所在地が正しく表記されていること

会社概要を見ると、住所や代表者指名が書かれています。

「書いてあるから安心できるだろう」とここで思わないことがポイントです。

住所が番地名まで記載されているかどうかをチェックしてください。

悪質な業者の中には、一部分が省略されていることもあります。

所在地が明らかに出来ない業者は信頼できないと判断して良いでしょう。

また、実際に存在している住所であるかどうかもマップ検索を行い、確認した方が良いです。

電話番号の表記について

これでの電話番号とは、業者登録を行った際の電話番号です。

会社概要に表記がされています。

この時のポイントは「住所との関連性があるか」です。

フリーダイヤルもしくは固定電話は住所が必須ですから、ここで判断をしてみてください。

携帯電話や衛星電話は住所との関連性が全くありませんので、注意が必要です。

電話番号の表記が一切ないという場合には、悪質な業者の可能性も高くなるので利用はオススメしません。

クレジットカード現金化の失敗のまとめ

クレジットカード現金化の失敗のまとめ

クレジットカード現金化を失敗・トラブルなく快適利用をするために、その実例と対策を紹介してきました。

また、利用時に実践したい確認ポイントや優良なクレジットカード現金化業者の判断ポイントを把握して、いざという時に頼りになる業者探しを行ってください。

便利に利用するためにも十分な確認が大切です。

The following two tabs change content below.
blank

まどか@レッツ現金化

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。現金化優良店業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

-クレカ現金化の注意点

Copyright© クレジットカード現金化【優良店ランキング】口コミを比較して「レッツ現金化!」 , 2021 All Rights Reserved.

blank