一人暮らししたい、家出たいけどお金がない人必見!大まかな初期費用とそれを抑える方法紹介

投稿日:

一人暮らし お金がない

自分だけの自由な空間が手に入り、大人として必要な生活能力を身に着けることが出来る一人暮らし。

ある程度の年齢になると憧れるものです。

人によってはそうせざるを得ないということもあるでしょう。

ただどんな事情があるにせよ、一人暮らしをするのにはお金がかかります。

そこで、ここではそんな、一人暮らしにかかる費用やその費用を抑える方法について紹介していきましょう。

一人暮らしをしたいけど、お金がないという人は是非、参考にしてみて下さい。

一人暮らしのための大まかな初期費用を知ろう

一人暮らしのための大まかな初期費用を知ろう

これから住む場所や実家からの距離、準備する家具などによっても大きく変動するのが一人暮らしの初期費用です。

ただ一般的には、「40万円~50万円程度」かかる場合が多いです。

では、初期費用をもう少し細かく見ていきましょう。

  • 敷金・礼金
  • 平均してそれぞれ1か月分はかかってくることが多いです。

  • 1か月分の家賃と日割り家賃
  • 仲介手数料
  • 家賃の0.5か月分から1か月分

  • 保証会社利用料
  • 家賃1カ月分程度

  • 鍵交換費用
  • 1万円以上程度

  • 火災保険料
  • 火災保険料は自身で選び、入るケースもあり、その場合には数千円程度までコストを下げることが可能

合計すると、だいたい5カ月分程度の家賃+日割り家賃+1~3万円程度となります。

さらに引っ越し費用や家電製品などを買い足す分を加えると、だいたい40万円から50万円程度となるのです。

初期費用は工夫次第で抑えることが出来る

初期費用は工夫次第で抑えることが出来る

一見すると、すごく高額に見える一人暮らしの初期費用ですが、工夫次第である程度コストを抑えることも可能です。

次はそんな一人暮らしの初期費用を抑える工夫を紹介します。

敷金・礼金が0円の物件を選ぶ

敷金・礼金は家賃の1カ月分程度ずつかかってくることが多いですが、必ずかかるものというわけではありません。

場合によっては敷金も0、礼金も0という物件だってあります。

不動産屋さんにお願いして、そういう条件の物件に絞って探してもらうことだって問題なく可能です。

ただ敷金は、退去時に部屋を原状回復する費用として扱われるものなので、払っておいてもそこまでデメリットはありません。

そんな敷金とは違い、部屋を借りる側にとっては特にメリットがないのが礼金です。

礼金とはその名の通り、貸主へのお礼となるお金。

つまり、ただの贈り物といえます。

当然、退去時の費用として扱うこともできないので、敷金のように、部屋を綺麗に使っていれば戻ってくるというものでもありません。

そのため、一人暮らしの初期費用を抑えたいのであれば、特に礼金が0の物件を探すのがおすすめです。

もちろん退去時の事は考えずに、とにかく初期費用だけを抑えたいということであれば、敷金も0のところが良いことは間違いありません。

家賃が安い物件を選ぶ

初期費用を抑えるためには、当然ながら家賃を抑えるということも有効です。

家賃が安ければ、先に払う翌月分の家賃や日割り家賃の分の初期費用を抑えることが出来ます。

たしかにそもそもの家賃を下げることは、敷金や礼金を0にするほど、初期費用に差が出るわけではありません。

ただし数万円程度は差が出るものですし、これから先の一人暮らし生活を考えても、家賃は安ければ安いほど良いでしょう。

体調を崩したり、働けなくなったりしたら、簡単に減るのが収入です。

収入が減っている時には、毎月かかるお金に対しての1万円2万円の差はとてつもなく大きく感じるものです。

ましてや一人暮らしで、生活費を分け合える相手がいないのであればなおさら。

家賃が安ければ、その厳しいプレッシャーも多少は楽になるのです。

家賃を抑えることは、初期費用的にも、その後の生活的にも重要なことなのです。

フリーレント物件を選ぶ

賃貸物件には、数週間から長ければ3カ月程度、家賃がかからずに利用できるというフリーレント物件なるものもあります。

賃貸の「フリーレント」物件のメリットとは? どんな人におすすめ?注意点は? | 住まいのお役立ち記事

フリーレント物件であれば、最初に支払う分の日割り家賃や翌月分の家賃がかからなくなることがあります。

もちろん、次の引っ越しまでにかかる総額の賃貸料も、同家賃のフリーレント期間がない物件と比べて安いです。

初期費用を抑えることが出来て、さらに最終的なコストもお得なのですから、フリーレント物件は一人暮らしの強い味方だといえるでしょう。

ただ、そんなフリーレント物件は、やはり人気です。

もし見つけることが出来たら、早め早めで行動に移すことがおすすめ。

フリーレント物件とはそもそも、物件の家賃自体は避けずに、借り手に人気の物件にさせるという狙いがあるものです。

借り手に人気の出る物件になることを目指しているシステムなのですから、その狙い通りに人気が出るのはある意味当然。

その人気の物件を勝ち取るには、早め早めで行動を起こすしかないでしょう。

一人暮らしの初期費用を作るためにできること

一人暮らしの初期費用を作るためにできること

初期費用を抑える工夫は大切です。

でも、その工夫だけしていればお金がないのに一人暮らしができるかといえば、そうではありません。

やはりどれだけ工夫をしてもある程度は初期費用がかかりますから、お金を作るための工夫もしないといけないのです。

最後に、そのためにできることを紹介していきましょう。

スマホは格安SIMに切り替える

最近では、大手キャリアからも格安のプランが出されています。

それに対抗して格安SIMでも、元々安い料金がさらにお得になっているところが多いです。

場合によっては毎月のスマホ代を1000円~2000円程度に抑えることが出来るでしょう。

毎月のスマホ代金は、平均すると8000円程度の人が多いです。

それを1000円~2000円に抑えることが出来れば、6000円~7000円程度浮くことになります。

6000円~7000円の差額は、10カ月たてば6万円~7万円の差に。

つまり一人暮らしの1か月分の家賃程度の差にはなるのです。

たとえこれまでと同じ収入でも、スマホを格安SIMに変えるだけで10カ月後には1か月の家賃分の初期費用を用意できています。

解約やMNPに伴う事務手数料などもかからなくなりつつある昨今、格安SIMを利用しない手はないでしょう。

まかないが出る所で働く

食費を抑えるというのも一つの手段。

しかし、そうと言っても、食べないと体調を崩して働けなくなれば、逆に負担がかさむ可能性もあります。

しっかりと食べて、かつ食費を抑えるためにおすすめなのが、まかないが出るところで働くという方法。

飲食店では、まかないが出るところも少なくありません。

そこでアルバイトをすれば、お金を稼ぎながらさらにお金を浮かすことも出来るのです。

まさに一石二鳥。

ただまかないが出るところでも、「〇時間以上シフトに入っている場合」や「夜のみ」「昼のみ」といった条件付きの場合もあるので注意が必要です。

しっかりと条件を確認してから働くようにしてください。

クレジットカード現金化してお金を作る

ある程度お金はたまったけど、あと少し足りないという時におすすめしたいのが、クレジットカード現金化をしてお金を作るという方法。

クレジットカードのショッピング枠を、業者を通して現金に変えることが出来れば、それで足りない分の初期費用をカバーできることも多いです。

基本的に、クレジットカードの限度額は10万円以上はあるでしょう。

その満額を70%で現金化したとしても、手元に7万円は入ります。

つまりこれでも1か月の家賃分程度は確保できるのです。

もちろん、初期費用を抑えられても、その翌月に多額の支払いがあると今度はそれからの一人暮らしが大変になります。

しかしクレジットカードの現金化であれば、支払いをリボ払いにするなどして、翌月以降にかかる負担も分散させることが出来るのです。

一人暮らしの初期費用が足りない時には非常に頼りになるサービスだといえるでしょう。

一人暮らしの初期費用は、コストを抑える工夫とお金を作る工夫をして用意しよう

一人暮らしの初期費用は、コストを抑える工夫とお金を作る工夫をして用意しよう
一人暮らしには40万円から50万円程度と、多額の初期費用がかかることが多いですが、工夫次第でそれを少なくすることも可能。

さらに、お金を用意するための工夫も同時に行っていけば、あまりお金がなくても一人暮らしをすることが出来るのです。

コストを抑える方の工夫も、お金を用意するための工夫もしっかりと行い、是非、念願の一人暮らしを叶えていってください。

The following two tabs change content below.
blank

まどか@レッツ現金化

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。現金化優良店業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

おすすめの記事

月間人気記事ランキング

おすすめ記事

-現金化Q&A

Copyright© クレジットカード現金化【優良店ランキング】口コミを比較して「レッツ現金化!」 , 2021 All Rights Reserved.

blank