無職でお金を借りる方法と注意点。ニート、失業中で必要なお金を作るやり方

無職でお金を借りる方法と注意点。ニート、失業中で必要なお金がない人向けに解説

基本的に、無職の人は金融機関などからお金を借りる事はできません。

お金を借りる場合、返済する能力があることを示す必要があり、無職の人はその能力を客観的に証明することができないからです。

しかし、無職であってもお金が必要な人は必ずいると思います。

では無職の人がお金を借りたくなった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

そこでこの記事では無職の人でもお金を借りるためのテクニックについて解説していきたいと思います。

無職でもお金を借りる方法

1日でも会社に在籍していたなら消費者金融でお金を借りられる可能性もある

基本的に消費者金融でお金を借りるには仕事をしていなければいけませんが、その在籍日数は決まっていません。

1日でも在籍していた実績があればお金を借りられるケースも十分にあります。

と言うのも、お金を貸す貸さないの診断基準は消費者金融によって異なるため、1日の在籍でも「定職があった」とみなしてくれる場合もあるからです。

ただ、必ずしも貸してもらえるわけではありませんし、タイミングが悪ければ融資を受けることもできません。

融資を申し込むときに職場の欄が空欄だとかなり印象が悪くなりますので、ほんの少しでも働くことが大切です。

旦那さんが働いている専業主婦なら配偶者貸付制度を利用する

もしあなたが専業主婦をしていて、旦那さんがしっかりと働いているのであれば配偶者貸付という制度を利用することができます。

これは配偶者の勤務先を担保にしてお金を借りるための方法であり、こういったケースに対応してくれる消費者金融は増えています。

これで専業主婦であれば旦那さんがきちんと働いていることを条件に融資を受けられるため、 無職だからといって融資を受けられないと諦める必要はありません。

ただしこの場合は配偶者の同意が必要になりますから、必ず事前に説明しておくことを求められるでしょう。

働く会社が決まっている内定者の学生さんなら内定者ローンも利用可能

もし学生で、勤め先が既に内定しているのであれば、内定者を対象にした消費者金融のローンを利用することができます。

まだ働いていないので多くのお金を借りることはできませんが、ある程度の金額であればそのままスムーズに融資を受けることができるでしょう。

使いすぎないように注意して計画的な返済を行ってくださいね。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

もし社会人の経験があれば、クレジットカードを持ってる人も多いと思います。

その時に作ったクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、近くにあるコンビニのATMからお金を引き出すことができます。

クレジットカードのキャッシングを利用するときに審査を受ける必要は無いため、無職でもお金を借りることができるんですね。

ただしキャッシング機能を利用するためにはクレジットカードを申し込むタイミングでキャッシング枠を設定しなければいけないので、もしカードを発行する際にこのキャッシング枠を設定していなければ利用することができません。

そういった方は後ほど紹介するクレジットカードの現金化を利用すると良いでしょう。

担保として差し出せる財産があれば有担保ローンが利用可能

無職の方でも担保を差し出せばお金を借りられることもあります。

これは 有担保ローンと言う仕組みですが、借りたお金の担保になるであろう財産があれば、それを担保にしてお金を貸してもらうことが可能です。

無職だけれど財産があると言う方は、この制度を利用してみると良いでしょう。

リバースモーゲージなら高齢者でも安心

リバースモーゲージとは、自宅を担保に生活資金を借入れし、そのまま持ち家に継続して住み続ける制度です。

そして借入をした人が死亡したときに担保となっていた家などの不動産を処分し、借入金を返済します。

これは定年退職した人を対象にした融資であり、この制度を利用すれば無職でもお金を借りる事は十分に可能です。

質屋に自分の持っているアイテムを持っていく

持っているブランドアイテムなどを質屋に持っていき、それを担保にしてお金を借りることができます。

質屋に入れた商品は、期限内にその代金を返済すれば返してもらうことができますし、もし返済することができなければその商品をそのまま売却して終了です。

もし手元に換金率が高そうな商品があるなら、この商品を担保にして質屋でお金を借りてみてはいかがでしょうか。

国や自治体が設定している公的融資制度を利用すれば無利子・低利子でお金が借りられる

公的融資制度とは、低所得者や高齢者、障害者の生活を守るために国や地方自治体が無利息、もしくは低金利で融資をする制度です。

いろいろな事情により生活に困窮している人を対象にして、自治体が融資を行ってくれるちゃんとした制度なので、積極的に利用したいですね。

公的融資制度は、利用者の属性に合わせて次のようなものがあります。

  • 生活福祉資金貸付制度:低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯を対象とした貸付
  • 求職者支援資金融資制度:失業者、仕事を探している人を対象とした貸付
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付:未成年の子供を扶養している、配偶者のいない人を対象とした貸付
  • 年金担保貸付:年金だけでは生活が難しい人を対象とした貸付
  • 緊急小口資金貸付:生活費の維持が緊急に困難となった人を対象とした貸付
  • 教育一般貸付:子供の入学金・留学金などを必要としている保護者を対象とした貸付
  • 看護師等修学資金:学費を支払いたい看護師等養成施設学生を対象とした貸付

もしあなたがこれらのうちのどれかに該当するのであれば、役場に行って説明を聞いてみると良いでしょう。

クレジットカード現金化を利用すれば審査はなくお金を手に入れることができる

クレジットカードを持っているのであれば、ショッピング枠を現金化することができます。

キャッシングを利用するにはキャッシング枠を設定しなければいけませんが、このショッピング枠を利用した現金化であればクレジットカードを持っている人であれば誰でも利用することが可能です。

利用するにあたって審査を受ける必要もなく、かなりの換金率で現金化することができるので今非常に注目を集めているやり方です。

ただし当然のことですが、クレジットカード現金化を行った分の代金は自分が後々支払わなければいけないものです。

もしその支払いが滞ってしまうとクレジットカードは利用できなくなってしまいます。

また基本的にクレジットカードの現金化はカード会社が禁止しているやり方ですから、安心して利用できるしっかりとした業者を利用しなければいけません。

もし現金化したことがカード会社に発覚してしまった場合、クレジットカードの強制退会処分などのペナルティーの可能性もあるので注意しましょう。

親や兄弟、友達にお金を借りる

どうしても現金が必要で、お金を借りるための方法がないのであれば、親や兄弟、友達にお願いしてみるのも1つの方法です。

あなたとの関係がしっかりとしていれば貸してくれることでしょう。

ただし、きちんと返済をしなければ関係が悪くなってしまい、二度とお金を貸してもらえなくなってしまいますから、返済などの約束はちゃんと守ることが最低条件です。

知り合いにお金を借りるときには、どうしてお金が必要なのかをしっかりと説明し、いつまでに返済するのかきちんと約束することが大切です。

無職の人がお金を借りる時に知っておくべきポイント

世の中には無職の人を対象にしてお金を貸してくれるところもあります。

また、無職でもカードローンを申し込みするときに虚偽記載をすれば良いのではないかと考える人もいるようです。

しかしこれらのやり方は危険性が高く、おすすめはしません。

どうしてそのように言えるのかその理由について解説していきます。

闇金やソフト闇金は絶対に利用しない

世の中には無職の人でも利用できる金融業者があります。

それは闇金融と呼ばれるものやソフト闇金と呼ばれるものです。

こういった業者は働いているいないに関係なくお金を融資してくれることがありますが、厳しい条件で取り立てされてしまったり、利子が違法であったりすることもあるため注意が必要です。

そもそも、これらの金融業者は国から貸金業の許可を得ずに非合法的に運営している場合も多く、法律は守ってくれません。

どんなに厳しかったとしてもこれらの業者を利用する事はやめておくのが賢明です。

カードローンを利用するときに虚偽の記載はNG!

カードローンを利用するときに、働いていないにもかかわらずちゃんと仕事をしているように虚偽記載をする人も少なからず存在します。

しかしこのやり方は絶対にお勧めすることができません。

なぜならちゃんと仕事をしているかどうかは消費者金融が調べればすぐにわかってしまいますし、バレたときにはそれなりのペナルティーが課されるからです。

無職がお金を借りるのが難しい理由

そもそもどうして無職の人がお金を借りることができないのでしょうか。

その理由について知っておくことも大切です。

安定した収入がない=返済能力がないと考えられるから

きちんと働いている人であれば毎月定期的にお給料が入ってきますが、無職の人はお金が入ってくるあてがありません。

また 定職についておらず何かしらの方法できちんと収入があったとしても、それを第三者に証明することが非常に難しいため、お金を借りるのは困難です。

金融業者もボランティアで行っているわけではなく、貸したお金が戻って来なければ大きな損失になってしまいますね。

そういった損失を避けるためにも働いていない人にお金を貸すことを避ける傾向にあるのです。

収入が0円だと総量規制というルールに抵触してしまうから

日本の金融業者は総量規制という、法律に則って営業を行っています。

無職で収入がなかった場合、年収の3分の1以上のお金を融資してはいけないというルールに引っかかってしまうため、お金を借りることができないのです。

貸金業者が行政処分を受けることもある

もし無職で収入がない人にお金を貸してしまうと、その貸金業者がペナルティーとして行政処分を受ける可能性があります。

多くの金融業者は法律に則って事業を行っていますから、この行政処分を受けてしまうと大きなダメージになってしまいます。

無職でお金を借りる方法と注意点のまとめ

無職の人は基本的にお金を借りることができませんが、少し工夫をすれば何とか現金を工面することも可能です。

自分は仕事をしていないからどうすることもできないと諦めるのではなく、色々な方法を探して工夫することが大切です。

消費者金融などからお金を借りる事は難しくても、国が設定している制度を利用したり、友達や家族にお願いすることで、急場をしのぐことができるでしょう。

ただしいずれの場合にせよ、きちんと返済計画を考えて計画的に利用することが大切です。

またお金が足りなくなってしまったと言う事は、あなたのお金の使い方に問題がある可能性もあるので、この機会は自分の生活をしっかりと見直すチャンスとも言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-お金についての豆知識

初回利用で換金率100%
スピードペイの公式