クレジットカード現金化で利用停止になる場合とならない場合とは?その理由や対処法などを解説

クレジットカード現金化で利用停止になる場合とならない場合とは?その理由や対処法などを解説

クレジットカード現金化で気になることの1つが、現金化が原因でカード利用が停止になるかもしれないというのがあります。

しかし、これも適切に対処することで回避できるので、過剰に恐れることはないです。

クレジットカード現金化ガールおすすめ優良店2022年版☆【比較ランキング】

クレジットカード現金化で「利用停止」になった時はどうすべきか

クレジットカード現金化で「利用停止」になった時はどうすべきか

利用履歴から現金化商品を探し購入した理由を考える

クレジットカード現金化でカードが利用停止になった時は、カードの利用履歴から現金化した商品をなぜ購入したかを考えておくことが重要です。

それを考えておくことで現金化のために商品を購入したのではなく、「自分が○○で使うために購入した」とカード会社に主張できるからです。

カードの利用停止になった時でも、慌てないで冷静になって考え、商品を購入した正当な理由を考えることが大事です。

それができないとカードの利用が停止されたままになってしまうことになります。

カード会社に電話をする

カードの利用停止になったら、すぐにカード会社に連絡しないといけないです。

この時に、クレジットカードで購入した商品をどのような理由で使うのかを説明します。

そうすることでカード会社に「現金化目的で商品購入していない」ことを主張して、カードの利用を停止を解除することも可能になります。

重要なのはカード会社はクレジットカード現金化をしたという証拠は握ってないことです。

なので、しっかり自分が使うためにクレジットカードで商品を購入したことを伝えることが大事です。

クレジットカード現金化で「利用停止」になるのはどうしてか?

クレジットカード現金化で「利用停止」になるのはどうしてか?

クレジットカード現金化が規約違反となるのか?

カード会社の多くは、クレジットカード現金化は規約違反となります。

クレジットカード現金化は法律違反ではないですが、利用の際には注意しないといけないです。

では、どのようにして注意しないといけないかいうと、個人で使うとは思えないような買い方をしないことです。

明らかに自分で使うとは思えない量を購入するとそれで怪しまれるので、そのようことにならないようにしないといけないです。

カード会社が利用停止にする理由

クレジットカードの利用は主に、ショッピング枠とキャッシング枠があり、そのどちらも借金です。

キャッシング枠が十分に確保されており、それを使い切ってもなお、現金が必要で現金化に走る人は多重債務になりやすいです。

お金の計画的な使い方ができないので、多重債務者になりやすく、資金回収が難しくなることを恐れ、カードの利用停止とするのです。

クレジットカード現金化で利用停止になりやすい人の特徴と対処法

クレジットカード現金化で利用停止になりやすい人の特徴と対処法

換金性の高い商品を連続購入してしまう人

換金性の高い商品を繰り返し購入している人はカードの利用停止になりやすいです。

新幹線の回数券や高級ブランドバッグなど、換金性が高い商品というものは、カード会社も、ある程度認識しています。

現金化目的がある、なしに関わらず、繰り返し購入すると、それでカード会社にクレジットカード現金化を疑われることになります。

カード会社に疑われないようにするには換金性の高い商品を繰り返し購入しないことが大事です。

収入が不安定な人

収入が不安定ということは、カードを利用しても「返済するのが難しい」、「返せないかもしれない」ということになり、カード利用停止となりやすいです。

対策としては、換金率の高い商品は避けて、現金化するようにしましょう。

限度額いっぱいまでキャッシング枠を使い切る人

キャッシング枠の限度額いっぱい使う月が何度もあると、「それ以上お金が必要ならショッピング枠現金化を考えるのでは…?」とカード会社は考え、疑いの目を盛ったり、すぐにカードの利用停止にしたりします。

そうならないためには、キャッシング枠は5~8割程度使った段階でショッピング枠現金化に切り替えることです。

「キャッシング枠を使い切る前」ということがポイントです。

カードの返済延滞歴がある人

返済が滞ると「ちゃんと返さない人」と見られ、換金性の高い商品を買った場合に疑われて、利用停止となる場合があります。

そうならないためには、返済の延滞癖をつけないようにしましょう。

利用停止にならないクレジットカード現金化方法

利用停止にならないクレジットカード現金化方法

クレジットカード現金化をしてもクレジットカードの利用が停止にならないようにするにはどうしたら良いかというと、それは一度に、大量に、同じ商品を購入しないことです。

そうすることで、現金化をしてもカード会社に現金化を疑われることはないです。

普通にカードを使って商品を購入しただけだと思われるので安全です。

大事なことは、一般人の一般的なカードの使い方を心掛けることです。

クレジットカード現金化の利用停止のまとめ

クレジットカード現金化の利用停止のまとめ

クレジットカード現金化で利用停止にならないようにするには不自然なカードの使い方をしないことです。

不自然なカードの使い方をしなければカード会社にクレジットカード現金化がバレることはないので、換金性の高いものを意識しすぎないことが大事です。

「このくらいなら普通に買ってもおかしくない」という使い方をすれば、クレジットカード現金化を疑われて利用を停止されることもないです。

おすすめ記事

-クレジットカード現金化の豆知識