【クレジットカード現金化は少額から可能?】個人におすすめ少ない額からできる現金化業者

クレジットカード現金化 少額

クレジットカード現金化は、無審査で出来るのでキャッシングよりも確実に現金を得られるのは強みです。

ここで気になる点として、1万円前後の少額での現金化については対応できるのかについてです。

現金化と言うと「10万円、100万円以上の大金から」というイメージを持つ人もいると思いますが、1万円前後の少額となるとどうでしょうか?

特に、個人でクレジットカード現金化したいという人は気になりますよね?

少額で現金化したい時にはどんな業者がオススメで、注意点は何があるのかを紹介していきますね。

少額でおすすめのクレジットカード現金化業者比較

1万円からの少額現金化でおすすめの優良業者紹介

  • パーフェクトギフト
  • インパクト
  • エージェント
  • スピードワン
  • ハピネス
  • スタークレジット
  • カードnetキャッシュ
  • おひさまクレジット
  • アーク
  • アースサポート
※横スクロールできます
公式サイト換金率申込み
金額
最短入金時間
パーフェクトギフト94%1万円~10万円10分口コミや換金率
などの詳細
インパクト93%1万円~20万円5分口コミや換金率
などの詳細
エージェント93%1万円~10万円5分口コミや換金率
などの詳細
スピードワン92%1万円~20万円3分口コミや換金率
などの詳細
ハピネス92%
(女性限定プラン)
1万円~20万円3分口コミや換金率
などの詳細
アイラス91%1万円~10万円口コミや換金率
などの詳細
スタークレジット91%1万円~30万円3分口コミや換金率
などの詳細
カードnetキャッシュ91%1万円~30万円5分口コミや換金率
などの詳細
おひさまクレジット91%1万円~10万円5分口コミや換金率
などの詳細
アーク91%
(男性限定プラン)
1万円~10万円5分口コミや換金率
などの詳細
アースサポート91%
(男性限定プラン)
1万円~20万円10分口コミや換金率
などの詳細

10万円からの現金化でおすすめの優良業者紹介

  • インパクト
  • スピードワン
  • ハピネス
  • スタークレジット
  • カードnetキャッシュ
  • プライムウォレット
※横スクロールできます
公式サイト換金率申込み
金額
最短入金時間
インパクト93%1万円~20万円5分口コミや換金率
などの詳細
スピードワン92%1万円~20万円3分口コミや換金率
などの詳細
ハピネス92%
(女性限定プラン)
1万円~20万円3分口コミや換金率
などの詳細
スタークレジット91%1万円~30万円3分口コミや換金率
などの詳細
カードnetキャッシュ91%1万円~30万円5分口コミや換金率
などの詳細
プライムウォレット88%10万円~10分口コミや換金率
などの詳細

クレジットカード現金化の少額利用のメリットを知っておこう

少額だとカード会社からの疑惑が少なく済む

大きな金額での現金化の場合、利用者が普段はそんなに多額の利用をしていないとなると、カード会社も特に怪しいと感じたりするものです。

元々クレジットカード現金化は、カード会社規約では禁じられています。

つまりバレると、最悪、カードの利用停止処分などもありうるんです。

なのでカード会社にできるだけバレないように現金化することが必須になります。

いきなり多額の利用だと目につくものの、1万円とか2万円の少額の利用なら、普段の買い物での利用金額と同じ程度です。

なのでカード会社にバレにくいのですね。

カードの利用停止等にならないようにするために、少額での現金化は役に立つということです。

少額ならつまりは返済の金額も少ない

 
現金化する時に結構忘れがちなのが、カード会社への支払いです。

現金化した分は、次の支払日にカード会社へ返済しなくてはなりません。

例えば現金化で50万円の利用をしたとしたら、次のカードの支払日に50万円(+金利や手数料)を用意する必要があります。

しかしこうした大金での利用の場合、カードの決済日に準備が間に合わないということも、無いではありません。

でも1万円とか2万円程度なら、次の給料日が来れば充分にまかなえますね。

1万円とか少額では現金化は恥ずかしいとか、どうせ現金化するならもっと多額でとか考えずに、その時に必要なだけの金額を現金化しましょう。

その時に必要なだけの金額を現金化することで、カード会社への支払いも余裕を持ってできるのです

利用金額が少ないと入金も早い

利用金額が大きな場合、現金化業者の対応も時間がかかります。

もちろん現金の用意はプロですから、問題なく出来ます。

しかし多額の現金化の場合、カード会社に疑われないように慎重に行う必要があるんですね。

なのでどうしてもある程度の時間がかかってしまうのです。

これが1万円とか2万円の場合、特にカード会社の目を気にする必要がなく現金化できるので、対応も早くなります。

最短5分で振込などというスピードに自信のある業者の利用の場合、少額だと本当に5分程度で振り込まれることが多いですね。

少額のクレジットカード現金化のデメリット

少額のクレジットカード現金化のデメリット

換金率がどうしても低めになってしまう

業者を利用して現金化をする場合、その公式サイトなどに換金率表が提示されていることが多いですね。

これを見てみると、共通する特徴があるのに気づきます。

それは換金率の高低です。

サイトトップに、最大98%などとなっている換金率は、この換金率表を見てみるとわかるんですが、最大額の利用の場合に適用されています。

そしてこれは業者に寄って違いがあるんですが、例えば10万円単位で換金率が推移する、はっきり言えば低くなっていくのです。

利用額が少なくなるに従って、換金率も低くなって行くということは、最低利用額の1万円だと最も低い換金率になってしまうんです。

最大で15%程度差が出ることもあります。

少額での業者利用の現金化の場合、この換金率の低さが最大のデメリットになりますね。

カードのキャッシングのほうがコスパが良いことも

クレジットカードにはショッピング枠だけでなくキャッシング枠ももちろんついています。

このキャッシング枠が場合によっては、少額での現金化よりもコスパが良いこともあります。

キャッシングというのはそのクレジットカードを利用しての、要はローンです。

なのでもちろん、利息も付きます。

でも少額利用の場合、現金化での換金率や手数料などを考えると、キャッシングしたほうが結果、最終的に入手できるお金のコスパが良くなってしまうんです。

1万円キャッシングして、利息が10%ついたとした場合、単純計算で9000円入手できます。

でも現金化で、1万円で換金率85%程度だったら結果入手金額が低くなってしまうんです。

しかも現金化の時に手数料など引かれてしまったら、完全にキャッシングのほうがお得になってしまいますね。

クレジットカード現金化 手数料

クレジットカード現金化の手数料って一体何?現金化手数料を徹底解説!その内訳とは?

続きを見る

カード利用停止のリスクは皆無ではない

多額の現金化の利用よりも、カード会社に現金化を知られるというリスクは少ないのが、少額での利用です。

でも、「完全に無い」とは断言できないのです。

普段は購入しないような品を購入した場合などは、利用履歴を見たカード会社が不審に思うことはあります。

カード会社というのは、かなりしっかりと利用履歴などチェックしているものです。

また少額でも続けて現金化したりした場合、カード会社にバレる確率はグッと上がってしまうこと、これは憶えておいてくださいね。

1万円未満では業者利用の現金化は不可

ネット上に展開しているクレジットカード現金化業者ですが、少額での利用も大丈夫という業者でも、最低1万円からの利用になっています。

つまり1万円を割ってしまう金額の場合、業者利用の現金化は出来ないということです。

また1000円単位での現金化も、業者利用では出来ません。あくまで1万円から、1万円単位での利用になります。

短期間に少額の現金化をするならまとめた方が良いことが多い

少額のほうがカード会社にバレにくいし、しかも手早く現金化できるから、わざと少額で現金化を繰り返したほうが良いのでは、と考える人もいるでしょう。

しかしこれ、短期間での利用だとやはり、カード会社に疑われることもありますし、何よりも損してしまうことも無いとは言えないのです。

少額での現金化は換金率も低いので、例えば10万円の利用をした場合、まとめて10万円依頼したほうが換金率的にもお得です。

加えて、手数料や送料がかかる業者の場合、少額で何度も手数料を支払ったり送料がかかったりすれば、結局大きく最終換金率は下がります。

どうしても急に続けてお金が必要になった、という場合以外は、まとめて現金化したほうがお得です。

少額でも手数料は同じだけかかる

例えば手数料ありの業者を利用した場合、1万円の利用でも10万円の利用でも、送料に関してはほぼ同じだけ引かれるということになってしまいます。

振込手数料とか消費税に関しては、もちろん多額利用のほうが多くかかってしまいますが、購入したという形をとって送られてきた品物の送料は似たりよったりです。

また業者への手数料もあります。決済手数料と呼ばれるものがあるんですが、これは本当にその業者の胸先三寸で決まってしまうんですね。

なので場合によっては、その手数料でのマイナスが、少額利用だと大きくマイナスされてしまうことにもなります。

送料だって、1万円の利用で500円取られるのと、10万円の利用で同じ500円では、気分だけでなく実際にかなり損していますよね。

少額の利用の出来ない業者もある

実はこれ結構多いのですが、最低利用額が5万円とか10万円以上という業者もあります。

もちろんこうした業者の場合、1万円などの少額では利用はできません。

最低利用額以上でないと、取引できないのは仕方のないことです。

なので1万円程度の少額での現金化には、それに対応している業者を探す必要があります。

1万円からの利用可能な業者もそれなりに数はあるので、ネットで検索などして探しすことをおすすめします。

少額のクレジットカード現金化する際に業者を選ぶ方法とは?

少額のクレジットカード現金化する際に業者を選ぶ方法とは?

まず、1万円からの少額現金化を扱う業者はあります。

ですから、少額でのクレジットカード現金化は可能です。

では、どういった現金化業者を選べば良いのでしょうか。

申込金額をチェックする

当然ですが、申込金額をチェックして、1万円から現金化できるという現金化業者を選択しましょう。

「少額現金化に対応している」という業者であっても、最低申込金額3~5万円からじゃないと現金化の受付不可の業者もいるので、必ずしも1万円から出来るとは限りません。

申込金額をしっかりとチェックして、1万円からでも確実に現金化してくれる業者を先に見つけておきましょう。

換金率をチェック

次に考えることは「換金率」です。

1万円からの現金化でも、換金率80~90%で現金化可能な業者もいます。

1万円でも、出来る限り90%に近い換金率で現金化出来る業者を選べば、当然、受け取れる現金も多くなります。

少額でのクレジットカード現金化でよくある質問

少額のクレジットカード現金化で気を付けることはありますか?
場合によっては、現金化業者に申込むよりも、キャッシングを利用したほうがコスパのいい現金調達ができる可能性もあります。
少額現金化であればカード会社に発覚しにくいって本当ですか?
少額現金化は一般的なショッピングと変わらないカードの働きになり、バレにくいというメリットがあります。ただし、リスクが0ではありません。
具体的にいくらから利用できるものなのでしょうか?
業者によっても異なりますが、最低金額は1万円から現金化が可能です。
少額での申込なら振込も早くなるのでしょうか?
少額現金化は入金のために用意する現金が減ることから、大口取引時よりも振込時間が早くなる傾向があります。
少額現金化は、やはり換金率が低くなってしまうのでしょうか?
はい、少額現金化であれば換金率も低くなってしまいます。

少額でのクレジットカード現金化は個人がおすすめ

少額でのクレジットカード現金化は個人がおすすめ

少額でも現金化出来るので、個人でも現金化必要な場合はぜひ活用してみて下さい。

ですが、換金率の低さや手数料などについてもしっかりと理解しておく必要があります。

個人であれば、10万円以下の少額の現金化が必要なシチュエーションは絶対にあると思うので、ぜひ活用してみて下さいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-現金化の豆知識