年金受給者がクレジットカード現金化はできる?条件、メリット、デメリットの解説

年金受給者がクレジットカード現金化はできる?条件、メリット、デメリットの解説

「年金暮らしをしていても、年金受給額だけでは日々の生活を支えることができない。」
「年金をもらっていても、尚、お金に困窮している」

こういった高齢者という方は多くいます。

年齢が高いと消費者金融からの借り入れもはじかれてしまうこともあるため、お金も借り入れできないものです。

そういった方でも、クレジットカードの現金化は可能なのでしょうか?

あわせて読みたい
クレジットカード現金化優良店格付け比較ランキング34選【2024年版】 ここではクレジットカード現金化優良店と言われている多くのおすすめ業者を紹介しますね。 現金化業者の数はかなり多いので、自分の今の状況に合った業者を選ぶのが得策...
目次

年金受給者でもクレジットカード現金化は可能

自分名義のカードがあればできる

年金受給者であったとしても、自己所有のクレジットカードを持っているのであれば、現金化をすることは可能です。

クレジットカード現金化は、消費者金融の場合などと違って、年齢制限というものは特に設けられていません。

もちろん、他人名義カードについては利用することができませんが、自分のものを持っているのであれば、申し込みをして現金化の申請をすることは可能です。

利用可能額の範囲内のみで可能

また、これも当然のことではありますが、クレジットカード現金化の範囲についてはクレジット枠の利用可能額の範囲内のみでしか利用できません。

100万円の利用可能額であるのなら、100万円分までしか利用することはできませんから、自分のクレジットカードの限度額ははっきりと認識しておくべきでしょう。

現金化をする前に、今どれくらいの利用ができるか調べるのにはネットなどで照会するのが主流になってきていますが、高齢の人にはネットを利用するのが難しい面があるかもしれませんので、注意してください。

現金化に適していないカードブランドもある

また、中には現金化しにくいブランドというものもあります。

一般的にカード現金化がしづらいと言われているのは、アメリカンエクスプレス、JCB、ダイナースです。

この辺りのカードはちょっとでも怪しい動きがありますと、即時利用停止してくるとのことであり、持っているのであれば使用することを避けたほうがいいでしょう。

また、店舗側が負担する手数料が多いカードですと、現金化したいと思っても実際の受取額が減りやすくなるので、こちらも実質的に利用しにくいカードです。

年金受給者がクレジットカードを作るのに必要な条件

クレジットの審査で影響が大きいのは安定した収入と職業

年金受給しているかどうかという面に限らず、クレジットカードの審査で影響が大きいと言われているのが、安定した収入と職業です。

収入がしっかりとしているような仕事であればあるほど、信用が高いものでありますので、年金受給者の多くは仕事をしていない人が多くいますから、一般的には厳しいです。

今までの借金について

また、借金があるかどうかという点もクレジットカードの審査には非常に大きな影響を与えるでしょう。

お金を借りているということは、将来的に返済できないリスクや返済によってクレジットの支払いに影響が出るようなことも考えられます。

そういった危うい点がある場合には、審査に通過しない可能性が高くなるものであります。

年金に頼り切りな状況で、借金があるとより厳しい審査になるでしょう。

結局のところ、年金受給者がクレジットカードを作れるのか?

結論から言いますと、クレジットカードによっては新しく作ることも可能です。

一応は、年金という一定の年収もありますし、年金の内容によってはより審査に大きな影響があるでしょう。

また、クレジットカードの申請には年齢上限はありません。

安定した職業といったところはありませんので、一般の人と比べればやや厳しい面はあっても発行できます。

年金受給者がクレジットカード現金化するメリット

ローンのようにはじかれない

前述している部分もありますが、消費者金融からの借り入れやローン申請のように、年齢ではじかれるようなことがないため、そもそもお金を借りられないといったようなっことがありません。

クレジットカード現金化の場合には年齢上限はなく、審査についてもローンのようなこともしないものです。

使える利用可能枠があり、利用者からの申請がある場合にはお勧めです。

高齢者の利用も結構ある

審査に関して何もないものですから、高齢者がクレジットカード現金化をするというような話も増えています。

生活していけないというだけではなく、病気や介護などのリスクが出てきてしまうようなことで、治療や介護のためのお金を捻出しないといけないわけです。

そういったお金に困ったときに「現金化」という手段を使っている事情もあるのです。

年金受給者がクレジットカード現金化するデメリット

悪徳業者が出てくることもある

元々、クレジットカード現金化には、悪徳な業者がいくつか存在しているケースがあります。

注意喚起する情報がありますが、高齢者の多くは新しい情報を入手するのが億劫になってくる人が多いです。

本来なら伝わる情報も伝わらず、わからないことが多くある中で、さらにインターネットという詐欺業者が潜みやすい場所で利用すると騙されてしまうケースがあります。

クレジットカードの再発行が困難なケースもある

また、現金化する際にカードをなくしたといったようなことが原因でクレジットカードの再発行をしたいと思っていても、それが困難であるようなケースもあります。

近年では、クレジットカードの再発行はネット上で行われることが多いのですが、やはり高齢になってくるとネットが使えないような方が多いです。

申請方法がわからず、再発行をしたくても手続きが全然うまくいかないために、諦めてしまうというようなことも考えられます。

使ったクレジット枠を支払うのが難しい

クレジットカードの現金化ができた、まではいいものの、枠を使った分は必ず支払いしないといけません。

ですが、収入が年金だけだと支払いができる分というのはかなり限られてしまうものです。

何とか他の部分を切り詰めていっても、支払い続けること自体がとても難しい環境になりがちです。

あまり多くの枠を現金化に使ってしまうと、老後破産という憂き目にあってしまうでしょう。

あわせて読みたい

あわせて読みたい
クレジットカード現金化したら自己破産手続きができない!?真相と理由を紹介 キャッシングやカードローン、クレジットカードを利用してショッピングをしすぎてしまい、借りたお金を返せなくなった際の、最後の切り札として多くの人が利用している...

年金受給者のクレジットカード現金化は慎重に

ここまで、年金受給者がクレジットカード現金化はできる?条件、メリット、デメリットの解説を紹介してきました。

クレジットカード現金化は、高齢者でも利用ができる利点は数多くありますが、その後の支払いに苦労しやすいでしょう。

ですので利用するにしても慎重かつ計画的な行動を求められることになります。

この記事を書いた人

クレジットカード現金化について色々な情報を日々、集めています。おすすめの現金化業者やお金に関することの興味を尽きませんね☆詳しい運営者情報はコチラ

目次